読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cidolu2’s blog

北海道への移住とその生活

スキー板の選び方

スキー板の選択って何が最適なのかなって想うのです。※スキー板の選択って何が最適なのかなって想うのです。

※私はフリー7割、パウダー3割って具合。

飛ぶため、回すためには軽い方が良いけれど、滑りに関しては軽すぎると板の張りがなくて、高速滑走するとノーズがバタバタするし、ツリーランで出てくる急斜面だとたわみが心許ない印象に。

なんか、この辺のバランス感が、自分の感覚と合っているかどうかで板の良し悪し、印象がガラッと変わるんじゃないかと。

今まで乗った板で、これは調子良いや~って感じだ事って無いんですよね~。正直、何が適しているのか分からない。

ま、何をしたいのか、という点で気に入ったグラフィックとフィーリングの合う板を選択する、というのが板選びの結論なんですけどねぇ。

少なからず2本以上同時に乗り比べをしないと、中々違いも分かりにくいし(珈琲飲み比べと似ている…)、どんな乗り心地なのかも表現に困る(ワイン評論に似ている…)。

でも、それをやってみると少しづつ、メーカーの狙いどころや板の個性とその遊び方&滑り方の流行り等がわかって、それもまた、面白さの1つかな~って、思うのです。

要は、雑誌や人の意見だけじゃなくて、出来る限り試乗会で多くの板に乗ることも、スキーの面白さの1つですよ~って話でした。。私はフリー7割、パウダー3割って具合。

飛ぶため、回すためには軽い方が良いけれど、滑りに関しては軽すぎると板の張りがなくて、高速滑走するとノーズがバタバタするし、ツリーランで出てくる急斜面だとたわみが心許ない印象に。

なんか、この辺のバランス感が、自分の感覚と合っているかどうかで板の良し悪し、印象がガラッと変わるんじゃないかと。

今まで乗った板で、これは調子良いや~って感じだ事って無いんですよね~。正直、何が適しているのか分からない。

ま、何をしたいのか、という点で気に入ったグラフィックとフィーリングの合う板を選択する、というのが板選びの結論なんですけどねぇ。

少なからず2本以上同時に乗り比べをしないと、中々違いも分かりにくいし(珈琲飲み比べと似ている…)、どんな乗り心地なのかも表現に困る(ワイン評論に似ている…)。

でも、それをやってみると少しづつ、メーカーの狙いどころや板の個性とその遊び方&滑り方の流行り等がわかって、それもまた、面白さの1つかな~って、思うのです。

要は、雑誌や人の意見だけじゃなくて、出来る限り試乗会で多くの板に乗ることも、スキーの面白さの1つですよ~って話でした。。