パロパロ

札幌でスケートやらスノーやら軽めアウトドアにたまにwebをやってます。

ICELANTIC(アイスランティック) をテスト

日本に入ってきているスキーメーカーの中では活発なwebプロモーションを展開していて、なおかつ良くも悪くも癖のある日本人ライダーが集結しているスキー板のブランド、ICELANTIC(アイスランティック) 

 

新品で買おうものならビンディング付きで10万近くしてしまう現在の価格からしたら、まぁ買うことは無いだろうなと思っていたところ、スキー仲間の板を借りることができたので少しの感想を。

 

試したのはこちら

PIONEER 109  144-109-131  ¥88.000

ビンディングはマーカーのツアービンF10

174cm

f:id:cidolu2:20200404223143j:plain

ALL-MOUNTAIN

PIONEER109

ゲレンデからバックカントリー、さらにはビッグマウンテンまで
King of All-Mountain

PIONEERシリーズで一番太い109は、軽快感は薄れるが、そのかわりパウダーでの浮力と安定感は抜群。
ノーズがスムーズに立ち上がり、テーパード[トップが太く、テールが細い]設計によってパウダーの中でスピードに繋げやすく、
オーバーな後傾にならずとも自然なポジションでパウダーを滑ることができるでしょう。

NOMAD115と比較すると、よりジェントルに、よりスムースにターンを繋いでいくことができる大人の味付け。
スペック上は2台とも同じRですが、115の方がカービングした際の板の返りが強く、よりギュンギュン曲がれるイメージです。

NATURAL111と比較すると、111の方がRが大きくテールの張りもあるため大斜面向きです。

 

という感じの板です。

1/末のカムイリンクスで試乗。

 

で、滑った感じはリバティと似ているな、と。

どしっと雪面に設置している感覚はヨーロッパ系の板っと比べると弱く、どこかふわっとした乗り心地で、板のセンターあたりで鋭く雪面状況を感じるような雰囲気を持つ板。

このセンター109mmというパウダー板どストライクな幅の割に、整地でもそこまでの太さを感じさせない取り回しの良さで、きっと北海道パウダーだったら快適に、オーバーヘッドを楽しめるのだろうなぁという感触。

 

今回試したのが174cmと短めであったことと、ツアービンだったことで剛性が出たのか、ノーズもテールもかなりハリがあり、ノーズをしならせようとしてもちょっとムリでした。そもそもFTみたいな柔らかいブーツでどうこうするには板がしっかりとしすぎているのかも。

重量はこの手のパウダー板では軽めだと思います。

(そもそもアイスランテックは全般的に軽いのでね…)

f:id:cidolu2:20200404224547j:plain


 

mt:Var name=""のコード整形で半角スペースが入るトラブル

普段はMTタグを含むコードの場合はコード整形を使わないのですが、なにかの拍子に使用してしまい、mtタグ内のURLが正しく読み込まれないという現状に繋がりました。

 

事故みたいな要素もありますが、自分の不注意が招いてお客様にも迷惑をかけたので、健忘録として残します。

 

エディターはVScodeで、フォーマッターはエディタ標準のものを使用してます。

コード整形前は下記。

f:id:cidolu2:20191018193839p:plain

コード整形後が下記。

f:id:cidolu2:20191018193851p:plain

※html_title前に半角スペースが入ります。

 

検証のため、
Brackets
Atom
・PHPstorm
でも標準のフォーマッターで整形してみると同じ現象がおきました。

 

危険なのでこれらMTタグを含む場合でのコード整形は使用禁止にしましたが、
うまい解決方法が調べても出てこないんですよね。
Atom
・PHPstorm
Sublime Text(サブライムテキスト)
にはそれぞれMTタグを保管してくれるパッケージはあるみたいですが…。